親知らずを抜くと小顔になるというのは本当なのか

トピックス

全員が親知らずを抜いて小顔になるわけではない

アイドルのなかでも話題になっている親知らずを抜くと小顔になるという話をよく聞きますが、実際にはどうでしょうか。

このケースには、いくつかの条件が同時に必要となり、顔のエラや頬骨が重要になってきます。親知らずを抜くと小顔になる可能性がある顔の骨格は、エラが張っている人、頬骨が張っている人、顎の筋肉が張っている人です。いずれかの状態の人であれば、親知らずを抜く事で輪郭が変わり顔が少し小さくなる可能性があります。

親知らずを抜くのは痛いし腫れるなどと聞いた事があるけど、小顔になるとも聞くから頑張ろうかな!という方もいらっしゃるかとおもいます。 結論をお伝えすると、親知らずを抜歯すると小顔効果を得られる方はいらっしゃいます。ただし、劇的な小顔効果を感じられる方は、ごく稀です。 引用元:親知らずを抜くと小顔に!?

抜歯するタイミングも大切であり、18歳臼歯と呼ばれている親知らずを抜くタイミングとしては20歳前後で抜くのが良いです。

親知らずを抜歯をする事で歯を支えている骨も痩せていく事になります。エラが張っているのであれば、エラの前部分にある骨が痩せる事になりますので、結果的に輪郭が小さくなるかもしれないという事です。上の親知らずの抜歯を行いますと、エラ部分と同じ原理で、頬骨近くの骨が痩せるので小顔に近づけられます。真っ直ぐに生えているのであれば、それを抜歯する事で一番奥に噛む力が伝わらなくなりますので、顔が小さくなる可能性があります。

親知らずで小顔効果を期待しすぎてはいけない

歯を抜くという行為は骨や筋肉を痩せさせる事に繋がってきますので、顔の骨の各部分が張っている人々は小顔に近づく事になる可能性を秘めていますが、過度に期待しますと、期待する効果が出ない事もありますので注意が必要です。
しかし、顎の場合は食いしばりや歯ぎしりなどによって奥の筋肉を使う事になりますので、食いしばりをしないようにしたり、歯ぎしりが発生しないようにしたりと対策を施す事がより効果的です。

小顔目的に親知らずを抜くという事は、骨格や筋肉の状況、歯並びなど複合的な要因で効果がある場合と効果が無い場合がありますので、虫歯や横に生えていて他の歯に干渉するなど緊急的に抜かなければいけない状況に陥っていないのであれば、抜かずに他の方法で顔を小さくしていく事を目指していくと良いでしょう。

小顔になるために親知らずを抜くのではなく筋肉をほぐすことも効果的

歯を抜かずに顔を小さくするには、頬の筋肉の緊張をほぐすといった方法があります。アイドルが小顔のために行っている方法としても小顔マッサージが主です。

頬の筋肉が緊張した状態が続きますと、顔のむくみを発生させる事になりますので、顔のむくみによって顔が大きく見えてしまう可能性が高いです。顔のむくみを解消するのは顔を小さく見せるのに非常に効果が期待出来ます。その為、頬の筋肉の緊張を和らげる方法としては、口を少し開けた状態で頬の筋肉を親指と人差し指でつまみ、他の指は軽く握るような形にして、前後に頬の筋肉を動かすようにすれば効果的です。

これを毎日継続する事で頬の筋肉の緊張がほぐされていき、顔のむくみを引き起こさない環境を作る事が出来ます。
顔の大きさは頬骨が出ていたり、顎骨が大きかったりという要素もありますが、多くの人々はむくみが原因であるという可能性が高いですので、親知らずの抜歯を行う前に、顔のむくみの解消を目指しておくのも良いでしょう。横向きに生えているなど親知らずの生え方によっては抜歯が難しいケースがあり、横向きや斜めに生えているといった状態であれば、口腔外科での手術を受ける必要性もあり、抜歯も大掛かりになってきます。真っ直ぐに生えている場合には、そのまま抜けば良いですので、抜歯後の腫れも痛みも少なくて済みます。歯の生え方も重要ですので、抜歯をするかどうかは歯科医と相談した上で実施した方が安全であり、小顔効果を期待して行うには多少リスクがあるという事を知っておいても良いでしょう。
歯を抜かなくても、顔を小さく出来る可能性のある方法はありますので、まずは様々なマッサージを試していって効果が出てくるなら、その方法を継続した方がリスクを負う事が無くなります。顔を小さくする事は女性にとって大きな課題ではありますが、無理な方法で小顔になろうとすると抜歯後の痛みや体調に影響が出てきますので注意が必要です。安全な方法で顔を小さくしていく事を目指すのが安心出来ます。

 

タイトルとURLをコピーしました