顔ヨガを習慣づけてすっきりとした小顔を手に入れましょう

トピックス

ヨガは非常に高い美容効果が得られると注目されている

ヨガトレーニングと言うと主に体の体幹を鍛えたり、体の歪みを治すことを目的としているとイメージしている方は多いですが、実はヨガは小顔効果の高いトレーニングメニューも人気になってきています。小顔を目指すヨガトレーニングでは、顔の緊張をほぐすエクササイズを行っていく事によって、日頃あまり意識していない表情筋を鍛えることが出来るようになるので、顔全体を引き締めてリフトアップ効果を期待することが出来ます。また顔を引き締めブルドッグ顔を解消するだけではなく顔の血行を促進することで目の下のたるみが消えたり肌のコンディションが良くなるなど、非常に高い美容効果が得られるとして注目されているのです。

デコルテからほぐし始め、上半顔でフィニッシュするのが僕の小顔マッサージの流れです。なぜなら、老廃物を回収して流すリンパ節が詰まっていたら、どんなにマッサージをしても排出されないから。そんなリンパ節はデコルテ付近に多く集まっています。そして、“マッサージ=面倒”なイメージが強いけれど、慣れてしまえば8分前後で終わります。挫折しないためには1週間に1パートずつ増やしていく手段がおすすめ。

引用元:まずは1週間!小顔ダイエット法で顔痩せ♪簡単マッサージや顔の体操をレクチャー

小顔効果を得るには習慣をつけることが大事

実際に顔ヨガを行う場合は、朝鏡の前で5分行うだけなので習慣をつけるだけで簡単に小顔効果を得ることが出来るようになります。エクササイズの方法はまず表面を向いて目をしっかり開き、「お」の口にして固定します。この時にほうれい線を消すように口の形を縦に伸ばすようにすることが大切です。この時にほうれい線がきちんと伸びていないと、ブルドッグ顔の原因となる小じわが改善しないので鏡を見て顔をチェックしながら口の位置をチェックすることがポイントになります。
顔の形を維持しつつ、両足を安定させて立ち頭頂部を引き上げて姿勢を正していきます。次ぐに両手は胸の前で合掌しながらポーズを保ちます。次に行うのが「は」の口の形に固定します。この時上の歯だけを見せるようにして、ほうれい線の上のたるみを横にのばしていくようにしましょう。「は」の顔はそのままにして、両手を天井に向けてしっかり伸ばし、手の間を平行に開きます。顔は正面に向けたままのアレンジポーズを維持して少しポーズを維持しましょう。次に「よう」と言いながら鼻の下をしっかり伸ばしていき、上の歯は見せないようにして口周りの筋肉をしっかり動かしていきます。「よう」の顔ヨガをしている時に、タイミング良く膝を曲げていき、太腿を出来るだけ床と平行にして保ちます。膝がつま先より前に出ないようにすることが重要です。最後は「ホッホー」と唇を巻き込み、ホのタイミングで両頬の筋肉だけを引き上げて行きましょう。この時の全身は膝を伸ばして、再び両足でバランス良く立つようにします。胸元で合掌するとより効果をアップすることが出来ます。
このように「おはようホッホー」と順番にエクササイズを2~4回行っていき、最終的に「シュ~」と口を息を吐きながら口を尖らせてい来ながら目を閉じて、顔全体のパーツを中心に寄せて完了です。後はゆっくり口を大きく開き、顔全体の緊張を解くと、一気に縮めた表情筋を気持ちよく開放することが可能となります。

タイトルとURLをコピーしました