小顔になる秘訣は服装選びから

トピックス

顔がでかいと感じた時には服装選びが大事

顔の大きさにコンプレックスがある人の中には、なんとかして顔を小さくしたいと思っている人が多いと思います。また、特に顔がでかいというわけでなくても、極端に顔が小さい友人がいると、一緒に写真におさまった時など、普通サイズのはずの自分の顔がでかく見えてしまうのが悩みという人もいらっしゃるかもしれません。物理的に顔を小さくするというのは、時間もお金もかかってしまうため、そう簡単にできることではありません。しかし、小顔に見える服装なら、手っ取り早く顔の大きさに関する悩みを解決することが可能です。小顔に見える服装のポイントには次のようなものが挙げられます。
まずは、カットソーやブラウス、シャツなどのトップスのデザインです。顔を小さく見せたいなら首元に注目して、VネックやTシャツ、ボートネックなどの首元があいたデザインを選ぶようにすると良いでしょう。もし、肌を出すのに抵抗がないのであれば、肩を思いっきり出したオフショルダーもおすすめです。反対に、タートルネックや首元があまり開いていないTシャツなどを選んでしまうと顔が大きく見えてしまうため注意が必要です。また、ブラウスやワンピースを着る時は、袖の形も重要なポイントになります。できるだけボリュームがある袖の洋服を選ぶようにすると、顔を小さく見せることができますし、視線を袖に向ける効果が期待できます。反対にぴったりしたシンプルな形の袖は、逆効果になってしまいます。

パーカーはフードにボリュームがありますし、コートも大きめの襟が付いています。 こういった顔よりも目立つ大きさのものを使うことで小顔効果が出てきます。

引用元:【小顔効果の”縦と横”】顔の大きいメンズがスタイルを良く見せる方法

洋服の色やボトムスも考えると小顔効果倍増

次にポイントとなるのが洋服のや柄についてです。着やせ効果が高いダークカラーの洋服ですが、体が細く見える分、顔が大きく見えてしまうので避けた方が良いかもしれません。小顔効果を狙うならライトカラーの服装がおすすめです。着やせ効果も期待するなら、顔に近いトップスのみライトカラーを選んでみると良いでしょう。洋服の柄については、ストライプなど縦のラインを意識した柄の洋服を選ぶようにするのがおすすめです。
また、女性の場合スカートやパンツなどのボトムスの形も忘れずにチェックしたいポイントの一つです。できるだけビッグシルエットなデザインを選んで、Aラインのシルエットを作るようにするのも、小顔効果を狙った服装のポイントです。反対にピッタリしたシルエットのボトムスを選んでしまうと、バランス的に顔が大きく見えてしまうので、いくらスタイルに自信があっても、顔の大きさが気になる人は避けた方が良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました