小顔になるための骨切り

トピックス

小顔整形の骨切りの方法と効果

小顔になるために顔を引き締めるパックなどもありますが、それだけでは明らかに顔のイメージが変わるような変化というのは見られないです。
大幅な変化が欲しいというようなことであれば、表面から肌を引き締めたりメイクなどで小顔に見せていく方法だけでなく、美容整形による小顔整形にも注目していくと良いでしょう。

やはり気になるのは値段で美容整形はお金がかかるというイメージもついていますが、最近は部分的な整形、プチ整形であればそれほど高額な整形にならないことも多いので、まずは部分的な整形から考えてみると良いです。部分的なものであれば、万が一思い通りにならなかったとしてもまた元の状態に近い形に治すことも出来る場合があります。小顔にしたい骨切りであれば見た目も大きく変わるうえに、比較的リスクも少なく高額な美容整形とまではいかないことも多いです。骨切りの施術にはオトガイ形成(主に顎のしゃくれ)、セットバック(出っ歯、受け口)など部位によりさまざまです。 

小顔整形の術後のメンテナンスやダウンタイム

小顔のために骨切りをするとその後のメンテナンスも必要になるので、値段だけでなくそうしたメンテナンスにかかる費用のことも考慮しながら決めてきましょう。骨切りをすると他の部分の骨が弱くなり、すぐに骨折してしまうなどのデメリットが発生してしまうようなこともあります。骨切りの場合は目元をぱっちりさせるなどの施術と異なりもっと念入りなカウンセリングが必要になったり、術後の痛みや後遺症も伴ってくるようなことが多いです。
デメリットも頭に入れておきましょう。

小顔整形のクリニックを選ぶ基準もしっかり確認しておくのがおススメ

東京を始め日本国内には多くの骨切りを行えるクリニックがあります。相談にしっかり耳を傾けてくれるような医師のいるクリニックや口コミを確認する事もおススメします。お隣の国、韓国は美容大国なのでそうした美容関係のクリニックもとても多いですが、言葉の面で不安があったり、アフターケアのフォローまではしっかりと行っていないようなこともあります。安いからといって金額だけで選ぶようなことはないようにしましょう。
また、骨格というのは人それぞれ異なりますから、見本と同じようなビフォアー、アフター、にはならないということも多々あります。施術する医師の腕にも成功率はかかってくるのであまり良い評判が聞こえてこない医師であったり、出来たばかりのクリニックで詳細が良く分からない医師のところでは施術を受けないようにするというようにもしましょう。失敗はこうした美容整形に限らず普通の医療の現場でも良くあることではありますが、最初にクリニック選びをいい加減に行ってしまうと後で後悔してしまうことにもなってしまいます。
そういった面でも口コミや手術症例写真を確認し自分に合ったクリニックを探しましょう。年齢を重ねることによって顔のイメージというのは徐々に変化していくものでもあり、本来の自分の歳を取った時の顔とイメージが違って歳を取っていくということもあります。その時にまた顔を変えたいと思うようなことも出てくるかもしれません。
いつまでも同じ顔のままではいられないのは整形していてもしていなくても同じなので、一時的な自分の気分だけでなく長い目で自分の顔というのを考えていくことも大事でしょう。最近では切らない小顔注射を使用し施術を行うクリニックもあるので骨切りを行う前に小顔注射を試してみるのもいいでしょう。切らないで済むので比較的手軽にできるのでまず試してみるのもおすすめします。

自分の顔を変えるということは事故などで仕方なく行う場合を除き、やはり誰でもある程度の迷いというのはあるでしょう。その迷いを持ったまま整形しなくても良いように、自分の中でちゃんと納得させたうえで挑むようにもすることが大事です。そうすることによって、術後しばらくたってもきちんと満足できるようにもなるでしょう。

おとがい(頤)とは、下顎骨の先端部(いわゆるあご先)を差し、その長さや突出度合いは顔の印象にかなりの影響を及ぼします。おとがいを骨切り移動することにより、長さや位置を変化させ、バランスのとれた輪郭に調整することができます。 手術によって切り離した骨は、裏側に筋肉を付着させたまま移動するので血行が維持され、吸収・変形することがなく、生涯安定した輪郭が保たれます。 切開は口腔内で、前歯の歯肉の付け根部分です。骨切り後に移動した骨はチタン製のプレートとスクリューで固定します。チタンは金属の一種ですが、生涯体内に入れたままでも問題なく、MRIなどの検査にも影響はありません。 おとがい形成術には、下記の3種類があります。

引用元:下顎骨輪郭形成術
タイトルとURLをコピーしました