ヘアアレンジを変えるだけで小顔みえはできる

トピックス

小顔に見せたいならまずヘアアレンジからやってみよう!

小顔の女性はモデルや女優さんに多く、そういった人たちは同性の目からも魅力的に見えるので、自分もそのようになりたいと思っている女性は大勢いることでしょう。
顔の大きさや長さがコンプレックスになって、友だち同士で並んで写真を撮るのが嫌だという人もいるかも知れません。

しかし、顔のサイズは骨格に左右されることが多いため、マッサージや体操によって顔を小さく使用と頑張っても、なかなか思ったような結果が出ない場合が少なくないと思われます。だからと言って、美容整形でえらを削るなどの方法には、抵抗感や恐怖を覚える人が多いはずです。そこで、顔のサイズそのものは小さくならなくても、小さいように見せる方法を考えてみるのがおすすめです。
そのためのやり方として特に手軽なのは、ヘアアレンジを工夫してみることです。

どんなヘアスタイル・ヘアアレンジが小顔に見える?

ヘアアレンジを普段と少し変えるだけで、顔全体の印象が大きく変わることは珍しくないので、それによってサイズを小さいように見せることも十分可能なのです。
小顔に見せるためのヘアアレンジの例としてまず挙げられるのは、頭の上の方の髪の毛のボリュームを大きくするというものです。そのようにしても顔のサイズの見た目には関係しないのではないかと疑問に思う人もいるかも知れませんが、
頭の上の方に高さを少し加えることによって、相対的に顔の面積が小さくなったように見えます。
そうするための簡単なやり方がポニーテールにすることです。

サイドや後ろの方から髪の毛を集めて来て、根元をゴムでまとめるだけで基本的なポニーテールを作ることが出来ます。ただし、この場合には小顔に見えるようにするために、あまりしっかりと髪をまとめ過ぎないようにして、頭の上の方にふんわりとしたボリュームが出るようにまとめることが肝心になります。できれば後れ毛の部分を少し残しておくようにすれば、女の子らしいかわいさを演出することが出来るのでおすすめです。

ポニーテールだけじゃない、もっと可愛いヘアアレンジで小顔に

そのような基本的な形にするだけでも良いのですが、ポニーテールの部分を軽く三つ編みにしたり、カールをかけてさらにフワッとした感じを出すのも良いでしょう。さらに、頭の上の方で結んだポニーテールをお団子にするというヘアアレンジも効果的です。髪の毛を二つに分けてゴムの周りに巻き付けるようにしていけばお団子上になって、より上の方に大きなボリュームを出すことが可能となります。

顔周りは小顔の鉄則①「透け感前髪&リバース後れ毛」を守りながら、さらにハーフアップにした髪が首回りにあることで、首をすっきりと細長く見せる効果を発揮します。

引用元:絶対小顔に見える!お手軽ヘアアレンジ6選「①顔周りに透け感&後れ毛」

顔のタイプ別にヘアスタイルも工夫して小顔にみせる!

ヘアアレンジに留まらずヘアスタイルも工夫して小顔にみせていきましょう。
髪をカットする際に小顔に見えるヘアスタイルをオーダーしてプロの力を借りるのも大事です。ショートからミディアムの髪の長さの方は顔回りの部分をふんわりとさせたボブヘアーにするというものがあります。

ボブがおススメの顔タイプは丸顔さんとえらが張っているベース型タイプ。
ヘアアイロンを使った巻き方やドライヤーを活用してふわふわ感を出せば、
小顔に見えるだけではなく甘めのかわいらしさを演出することが出来るでしょう。ロングの方は、前の方を顔のサイドに垂らして、輪郭を隠すようにするのが良いでしょう。ストレートのままでも輪郭は隠れて小顔に見えやすくなりますが、ヘアアイロンによって軽めのカールをかけ動きをつけておくと、より効果的です。

面長で悩んでいるショートヘアーの人には、全体的に丸みのあるマッシュルームヘアーにするというやり方がおすすめです。そうすることで顔全体にも丸みが出たように見えるので、面長をカモフラージュすることが可能です。ここまでに色々なヘアアレンジに工夫する方法を上げて来ましたが、ただ顔を小さく見せようとするだけではなく、自分によく似合った髪型にすることも肝心だということも忘れないようにしましょう。小顔に見せられればそれだけで魅力的に見えるかと言うと実は決してそうではなく、顔と髪型の全体的な印象が良くなければあまり効果がないのです。自分の顔の形のタイプを把握しヘアスタイルやヘアアレンジを工夫してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました