「ポリバケツ」運動に小顔効果あり!

トピックス

1日5分の簡単な体操で誰もが憧れるスッキリした小顔に

“なんだか最近顔のたるみが気になる、ということや二重顎が目立ってきたなと感じたことはありませんか?誰でもスッキリした小さい顔には憧れがありますよね。ですが頑張ってダイエットをしても意外と顔周りは痩せたように感じられない人も多いようです。そんな時におすすめなのが「ポリバケツ」小顔体操です。

以前からテレビや美容雑誌などでも頻繁に取り上げられることの多い、有名な運動ですのでなんとなく知っている方も多いと思います。ポリバケツ体操とはその名の通り、「ポリバケツ」と日本語を1音ずつしっかりと発声することで顔の表情筋を鍛えるいわば顔のストレッチのようなものです。1日5分で終わるようなとても簡単小顔体操なので、そんなの本当にやって効果があるの?と思うかもしれませんが実はこの体操はすごく表情筋に効果的なんですよ。

表情筋を鍛えると小顔効果&好感度アップ間違いなし

顔の皮膚はいくつもの表情筋と呼ばれる薄い筋肉によって構成されています。これは非常に複雑なつくりになっておりこの筋肉があるおかげで人は細かい表情をつくることができます。ですが、実は意外と現代人はこの表情筋をあまり動かしきれていない人の方が多いんです。特に日本人は、喋る際に口をほとんど開かないような省エネ状態で喋る人が多いとされていてコミュニケーション面でも英語圏の人種に比べて表情をしっかりつくるような対話を普段から行わないこともありとにかく表情筋が衰えやすいんです。表情筋が衰えることは顔のたるみにつながってしまいます。それに加えて最近ではスマートフォンの普及もあり日常的に下を向くような顔の姿勢をしている人も多くこういったことからも老け顔はどんどん促進していってしまうんです。表情筋を鍛えると筋肉の衰えによる顔のたるみを防ぐことができます。また、顔の筋肉を動かしてあげることで血流も良くなり結果的にむくみも取れ代謝も良くなり余分な脂肪も落ちやすくなるなどのメリットがあります。実際に、普段からそういうトレーニングを行っていると顔がほぐれて自然で美しい表情をすることができるようになるので好感度もアップすること間違いなしです。

表情筋が鍛えられると、顔に余分な脂肪がつきにくくなります。さらに応用して首を上下に動かしながらポリバケツ体操をすれば、首回りや二重あごの予防にもつながるのだとか! 特別な道具もいらいないので、お金もかかりませんし、両手も使わないので、テレビを見ながら、スマホを見ながら、気軽に行えるのもうれしいポイントですよね!

引用元:デカ顔をなんとかしたい!1日3分のポリバケツ体操で小顔を目指せ! | ママテナ

小顔に効果があるポリバケツ運動を紹介します

では、具体的にポリバケツ運動とはどういった方法で行うのでしょうか。5個の日本語をできる限りオーバーに口をゆっくり動かして「ポリバケツ」と発声していきます。この単語には日本語の基本となる「アイウエオ」の母音が順番通りに並んでいるので効率的に表情筋を鍛えられるのです。

「ポ」の時には口を大きく縦に開くようなイメージでやってみましょう。主に口周りの筋肉に効果的です。この際に同時に目を見開くイメージで行うと顔全体がすっきりしてきますよ。次に「リ」の運動ですが、しっかりと両方の口角を引き上げるようなイメージで大げさに「リー」と発音してみましょう。ここで笑筋という笑顔をつくるための筋肉が鍛えられる効果があります。そしてフェイスラインを引き締めて首元まですっきりさせてくれますよ。次の「バ」は、この時もできる限り口を大きく開きましょう。少し上を向いてやってあげると顔全体のシェイプアップにつながります。「ケ」の時は頰の位置を高く引き上げるような感覚で行いましょう。口角を持ち上げる役割を果たす頬筋に効果がありますよ。この際に下をアゴ先に向かって出しながら発音するようにするとさらに効果的でしょう。そして最後は「ツ」の動きです。口を思いっきりとんがらせてヒョットコのようなイメージでやってみて下さい。主に口まわりの筋肉に良い刺激を与えます。これも少し上を向くことで顎まわりの引き締めに期待できそうです。

小顔体操は日常的に行いましょう

大体1つの発音に5秒間くらいかけてゆっくりと行っていくようにします。慣れてしまえばとっても簡単なエクササイズです。朝起きてすぐやトイレやお風呂に入っている時、1人でいる1日のほんの少しの何気ない時間に日常的に頻繁に行うようにすればやらないのとでは表情や顔つきの良さがとても変わってくるかもしれませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました